猫がお酒の瓶倒して中身ガーってこぼれてあらゆる機械が全滅する感じで。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生開始のお知らせ
2008年12月14日 (日) | 編集 |
≪ろぼねこ先生就職ニュースを聞いた街の声(渋谷ギャル編)≫

そっか・・・そういう人だったんだ・・・。

つかマジ信じられないんですけど。

自分のことばっかじゃん。

え?意味わかんない。

意味わかんないんですけど。

つかマジありえないんですけど。

なに?ニートだから?

ニートだから就職しないとヤバイとか思ってんの?

ハァ?ありえないんですけど。

マジサイテー。

バッカじゃないの?

もー全然信じられないし。

つか最初から信じてないし。

ちょーマジありえないし。



        ,、' : : ,:-'´: : : : : : :\
          /: : :/: : : : : : : : : : : : \
        /:/ : /: : :, : : : : : :/: : : : : : : ヽ
          !': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: : : : 、: ヽ
         !: : /': :'´ ;| 'iァz;、,'ト|: :/;イ: : : }: i l
        !: : : : : : :{  `''゛'` !/'´/イ;ィ:/: リ'!
          '; : : : : ;|ヾ     ,ィ')y'/;ィ:/
          ヽ:|'; :{ヘ     _   ゝ./!'´ !'   そうやって  
            /' ヽ! 、   ´,. ィ':i/      嫌なことから
       _,,..../    /` ‐' ´l/リ゛      逃げているのね
      ノ `丶、  {、   ´
     / ' ‐- 、   \トヽ、
     ,イ;;;:::、:_:::::::`ヽ、 _\!`)、
    i;/    ヽ::::::::::::', `>ヶ、:>
     !     '、:::::::::::',∨|:ハ! ',
    /      iヽ、:i::::::',. |:| ';〉 i
   /      l   /::::::::',.L! ';. !
   /      | ! /::::::::::::l  ハ
  /         V::::::::::::::::l / /  ',
  /__,.、 -‐┐   l::::::::::::::::l /   ,〉
   `|   '7:ー‐'、:::::::::::/ /|__/|
    |    |;;:::::::::):::::::〈 |:ヽ  |

と、言うわけで渋谷のギャルは綾波さんに説教を喰らってどこかに消えましたので、アラサーのワタクシ酒がこの続きを。ギャルでなくてごめん。

本当は、先日「あたし彼女」をやっと読破したので(しばらく頭痛がやみませんんでした)そのノリでツンデレっぽくろぼねこ先生の就職祝い短編小説でも書こうとしたのですが、主人公が23歳でもあんな感じで良いのか…とか第3回ケータイ小説大賞授与式での作者の全身像や顔写真を見て、「この小説は私の実体験が元です」とか言い切るそのコメントに、激しいショックを覚え2週間ほど山篭りをして、その後にインドで悟りを求めて一年修行し、先日やっと帰国したわけです。

その間、ろぼねこさん(敬意消失)は、就職のショックからか、深夜アニメが観れない嘆きとも不満ともつかない記事を一本エントリーしただけで、その後ネットでの彼の発言なる書き込みは見ていません。

ろぼねこ君(タメ視点)は今まで歩くネットジェントルマンと言われるほどの人物で、「僕は映画を観ません」「僕は小説を読みません」などと言いながら、話題に上った作品はさりげなく確認していたり(中にはwikiで調べた程度の情報のものもあるかもしれませんが、その辺は言わぬが華)何気に後での文章エントリーなどでフォローがキチンとしていて、それでいて自分の中の理論というか価値観を大事にされている点や、相手を気遣う優しさやお笑いのセンスを私は非常に評価していました。

それが、この体たらく。ただでさえ、アフィ目的でダラダラ続けているブログでさえ、就職のために記事エントリーすらままならない体たらく。就職は、ろぼねこ(既に呼び捨て)からクリエイティブパワーを奪ったといっても過言ではありません。何故、就職したのか、その辺りの詳細(彼女にいい加減働けと包丁でバトルした、道を歩いていたらスカウトされた等)は逐一このブログでろぼねこ(上から目線)はあることないこと大盛りに報告しないといけないのではないのでしょうか?否、その義務があります。

最後にこれだけはいえます。

就職オメデトウ。

今は、新しい生活に慣れるために今までの生活に比べて失ったものが多いと嘆いているかもしれません。
もしくは、しばらくして、仕事になれた後でも任される仕事が多くなり忙しくなり、あの頃は良かったと思うことがあるかもしれません。

それで良いのです。昔を振り返り、あの頃はよかった。と振り返れる思い出をあなたはあなただけのものとして所有しているのです。人は生きていかなくては明日への思い出は作れません。思い出はあなたの意思として願えばいつまでも残り、これからの夢はあなたが願えばいつまでも意志として残り、あなたの未来をより豊なものにしてくれます。

これからもどうか、本来のアナタの良さを失わずに、がんばって社会と戦い続けてください。

途中で何を書いているかよくわからなくなったけど、多分私のことだから良いことをかけているだろうと過信し、多分ろぼねこさんだから良い意味で受け取ってくれるだろうと期待して、終わります。
スポンサーサイト
ピアノの森
2008年11月25日 (火) | 編集 |
http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200811240017.html

どうですか?

もとい

おススメ本については、なんぼでもあるけど。
どんなのが読みたいの?

猫さんに読んで貰って一緒に語り合いたい!
もしくは文学部で培った薀蓄を一方的に披露して
「すごい!」って褒められたい!憧れられたい!
そんな作品は山ほどありますのでとりあえずジャンルだけでも
希望を挙げてください。

どうですか?

(昔は映画も小説も勧めても一切手をつけようとしなかった猫坊ちゃまのご成長、婆やはうれしく存じます)
【再推し】今秋アニメ中間報告【ヒャッコ】
2008年11月23日 (日) | 編集 |
あれ?このブログをほぼ占拠しちゃっているみたいなんだけど良いの?
なんか、自分ばっかり記事書いちゃっているんで、申し訳ないというか、
このブログ必要とされていないと言うか、もう一つの休止中のブログと
合体させちゃった方がいいんじゃないのかな、と思ったり思わなかったり
するのですが、その辺はどうお考えでしょうか?

さあ、そんなわけで、今秋アニメです。

まず、前回の鑑賞から吟味して3作品を継続してみることに決定。
以下にその理由。

「ヒヤッコ」

トラコちゃんが可愛い。
もとい、兄のキツネが出てきて、面白さが倍増。
Sっぷりがすごく素敵。
野々村さんを泣かせたいとか、聞いていてゾクゾクした。
(私がMだから)
それにしてもあの兄の下でよくトラコちゃんは性格がひねくれないで
育ったもんだ。

背景の無駄なカット割とかたまに演出の盛り上げ方を勘違いした
カメラアングル(?)とか観ていてイラっとくることがあるけれど、
私は元気です。

早く、超能力対決来ないかなー♪
(前回の悪ノリロングバージョン予告を真に受けた純粋娘アピール)

「とらドラ」
タイガーが可愛い。

もとい、あざとい。
無駄に夏を意識させた水着アピールマンスリー。
今時、高校の体育の授業で男女合同なんかねーよ!
え?あるの?
(女子高だから、よー知らんがな)(しょぼんAA略)

それにしても
タイガーの判りやすい行動とかリュウジの美味しんぼの山岡さんばりの
鈍さとか、本当に分かり易い構成にしやがって。

いや、好きだけど。

タイガーが、感情表現を暴力で表すのだけれど
決して怪我しないリュウジのお約束の頑丈さとか、懐の深さ
などみていてゾクゾクする。
(私がMだから)


「かんなぎ」
ザンゲちゃんが可愛い。

もとい、エロい。エロ過ぎてなんかグロい。

なんのシーンもとにかく、肌がピチピチし過ぎているというか、
動きも無駄になまめかしいし、カメラワークも無駄にエロいアングル。

これで、異性不純交友が起きない展開自体、詐欺だ。やるやる詐欺。

ザンゲちゃんがナギに積年の恨みとばかり、
しばって足で踏むなどの展開は見ていてゾクゾクした。
(私がMだから)

そんな感じで、この3作品は最終話まで頑張って追いかけていきたい。

ちなみに「ひだまりスケッチ」を3,4話観たけど、あれ?なんかこないな…
ほのぼのとか、可愛いとか、はわかるんだけど、あれ?あれ?あれー?なんでだろう?
だれかがいじめられたり、泣いたりしないとゾクゾクしないからかな?
(私がMだから)(なんかSな感じがしてきた)

「クラナド」は、2話で挫折。おもしろくなる前だと言うのは充分判っています。
電波とかイジメとかあってゾクゾクしかけたんだけど、絵がダメだ。
うまくいえないけど、ああいう絵は生理的に受け付けられない。
どうしてか、わからないけど。
猫師匠が漫画のJOJOの絵を気持ち悪くて受け入れられないと評したように
私にとってJOJOの絵、いーじゃん、全然無問題じゃん!みたいな感覚の差は
あるのです。

【ヒャッコ】今秋アニメ感想【推し】
2008年11月13日 (木) | 編集 |
今日は幸いなことに風邪を引き、仕事も忙しくないんでお休みを貰い、ダラダラとアニメを見てみたので、以下簡易感想。

猫師匠レコメンドver.

【かんなぎ】
猫師匠一押し。不必要に下半身をなまめかしく描写し過ぎ。しょせんは中古。(←ネット検索の罪悪)
【今日の5の2】
昔見たOVA版の方がエロくて好きだった。
【ミチコとハッチン】
すごい!ここまでキャラと声質のずれって!なんか枕営業!とか悶々としながらみると面白い!(のかも)
【CAPU2】
OPでお腹一杯。みてない。
【とらどら】
やっぱ2話までで充分だよー。赤い髪の元気な人の声が耳からは離れなくてくて気持ち悪い。
【インデックス】
ロリとか学園モノとかこれだからオタクってやつは!も、もえ~♪世界観がご都合主義過ぎてダメかも。


そして

【ひやっこ】

リンク先か何かを間違って、最初に最新話(第5話)をみてしまった。

OPが噂どおりひどくて笑った。でも、歌詞をじっくり聴くと…やっぱり酷くて笑った。この話の内容は学園ドラマ?ベタな写真勘違いネタと学校サボりネタ。バス停の名前が「高崎」だったので吹いた。でも、これ群馬の高崎じゃないよなー?、町並み全然違うもん。でも、西口駅前のファミマはあんな感じだよな。

だんだん登場人物揃ってきて、4人組だけど「らきすた」とは違う、オタクっぽくない主人公4人キャラの
ドタバタ学園コメディって感じなのかな?逆に「らきすた」が特殊なのか?

普通。見ても見なくても可。

んで、まとめサイト戻ったら、6話がアップされていたので何気なく観る。

こ、これだよ!

このなんでもないベタ話から、おばちゃんの好きな少しホッコリさせてくれる感じ。

嫌いじゃない。寧ろ、好物だ。

基本的に、味付けは甘酸っぱいのが好きなんだよ、私は。

それが恋じゃなくて、なんでも良いんだけど、とにかく観てて晴れ晴れとした気持ちになるハッピーエンドが好きなんだな。

後日談

その後、1話目から見出したけど、OPの映像がまんま使われてて酷い。話の内容も酷い。1話目から見ていたら確かにここまで高い評価は出来なかった。てか、続き観なかった。

【まとめ】
アニメあなどりがたし、アニメ熱が再熱しそうで困る。しかも、wikiなど調べると少なからず原作の漫画や小説があるとのことで、私が行く漫画喫茶には置いてないので困る。この歳で買うのは流石に抵抗があるので困る。つーか、この歳でアニメって言われるともっと困る。
メシウマーwwwに対しての2,3の意見
2008年11月09日 (日) | 編集 |
最近では、人の不幸を話題に「メシウマーwww」などと歓喜を表現するレスポンスが目立ち始めた。

もともと、クズが発想するクズの発言でクズが面白がっているだけなので、いちいち私が目くじらを立てる必要は無い。

今回はあくまで「メシウマーwww」に言及する。

「メシウマーwww」はあくまで、「他人の不幸は蜜の味」に由来している言葉であり、「蜜の味」の部分が「飯が美味い」と同意義で表現されていると共通認識されているので、広まり易かったのは間違いない。

ただし、「蜜」と「飯」が同じと言うのは味覚障害である。(ここからおかしくなります)

ご飯が甘いと言うのか?おまえのところのご飯はいつも酢飯か?
蜜ならパンにかけて食べろ!
パンウマーwww
じゃ、ダメなん?www
食事全般が美味くなるって事で、メシウマーwwwなんですか?
ご飯食べに行こう=米じゃなくて、全般の食事を指すと言うことですか?
西洋を無理に東洋の食文化に言い直そうとするから(意訳しようとするから)間違った解釈が生まれてしまうのである。

「健全なる精神が健全な肉体に宿る」
「健全なる肉体が健全な精神に宿る」

なんかが良い例で、ユウェナリスの詩の解釈を
http://www.geocities.jp/hgonzaemon/intro_juvenal_intro.html
お前ら任せた結果がこれだよ!の良い例であるらしい。

それでは最後に、昨日までで投資を始めて約3年の間に累計損失が1,300万円に到達したことをここに報告しておきます。

以下、本件のコメ一言目は必ず「メシウマーwww」で始める事。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。