猫がお酒の瓶倒して中身ガーってこぼれてあらゆる機械が全滅する感じで。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# 【短編物語ZIMA『短編物語NEKO「ねぇ、秒速5センチメートルじゃないんだって。雪の落ちるスピード。」』物語。】批評。
2008年07月30日 (水) | 編集 |
短編物語NEKO「ねぇ、秒速5センチメートルじゃないんだって。雪の落ちるスピード。」
http://mekajima.blog10.fc2.com/blog-entry-5.html

『短編物語NEKO「ねぇ、秒速5センチメートルじゃないんだって。雪の落ちるスピード。」』物語。
http://mekajima.blog10.fc2.com/blog-entry-6.html

端的に言って上はケータイ小説的であるのに対して、下は所謂文学・純文学に位置する。
上のケータイ小説的要素としては「パンッという乾いた破裂音」のような簡素な表現があげられる。
一方で下の文学的要素としては「タチアナ・ニコラーエワのバッハ」「コントラプンクトゥス?の5声目」といった固有名の挿入を指摘できる。
とかいって実際ケータイ小説的とか純文学的とかは適当に言っただけなのでどうでもよくて(正しいかどうかも知らなくて)、要は上と下の文章には大きな差異があるということが言いたかっただけであります。

さて、巷ではケータイ小説的なものが馬鹿にされているように感じる。
印象論に過ぎないが、理由は「頭悪そうな文体」「内容がない」「誰でも書ける」などである。実際に言われているかは知らない。2ちゃんねるのニュー速あたりのスレ適当に読んでたらそんな感じのレスが目に付いた程度のものでしかない。
でも話が進まないので、とりあえずケータイ小説的なものは下に見られているという前提にしておく。
そして、その前提の上で私はケータイ小説の純文学に対する下克上を宣言したい。

ケータイ小説が純文学に勝るポイントとは一言で言って、読む人を拒まないことにある。
来る者を拒まず、去る者を追わない。それがケータイ小説の最大の魅力である。
文学は教養を必要とする。むしろ書き手はここぞとばかりに自らの教養をひけらかさんと力を入れる。バカめ、それでは私のような無教養の者はその文章を理解することはできないのだ!そんなこともわからないのか愚か者!
なんだと?お前のようなバカに読んでもらうために書いているんじゃないだと?じゃあバカは置いてけぼりか!貴様・・・バーカバーカ!差別だ!貴様のしていることはバカ差別だ!
・・・はぁはぁ。

教養の有無はこの文章の読み方を変えてしまう。
「コントラプンクトゥス?の5声目に4WDのエンジンと雪を踏みしめるタイヤの音が加わる。」
こんとらぷんくとぅs
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。